沱茶は プーアル茶の茶葉を圧し お椀のような形にしたものです。厚みがあるので発酵が遅く、濃度は餅茶(圓茶)の2倍なので お奨めです。
 雲南省大理南澗茶廠で この鳳凰沱茶の生産が始まったのは 80年代後半のことです。
鳳凰沱茶93年プーアル茶(3分生

商品番号:T2 鳳凰沱茶93年プーアル茶(3分生)

        お試しの10g   600円
              30g 1,500円
        1個約95g  4,000円
        (2個目からは、1個3,500円になります。)
              (税、送料込み)


お試しの10g価格 ¥600 (税込み)

 数量






30g価格 ¥1,500 (税込み)

 数量






1個(約95g)価格 ¥4,000 (税込み)

 数量







 包み紙に 製造月日が印刷されていると 安心してしまいそうですが 製造月日を 自由に印刷して、包み紙を替えることが よくありますので 必ず試飲して自分で確認という 心構えが必要です。
 2000年は 雲南省大理南澗茶廠で この鳳凰沱茶が生産されていませんが 市場にはたくさん出回っています 注意が必要です。

( 追記)
 無量山脈の北ふもとにある南澗茶廠、この辺りは 風が強く、茶葉は小さく厚みがあるのが特色です。

 そのため、この地域独特の味があるのですが、近年造られている沱茶や七子餅茶は、どの地域の茶葉が使われているか不明ですが、以前のプーアール茶とは、全く質の違う物です。

 残念な事に、有名になった 南澗茶廠の名前だけ 引き継がれています。


   プーアール茶・七子餅茶・価格表へ


   プーアール茶・沱茶・散茶・価格表へ


   プーアール茶・茶磚・緊茶・価格表へ


   プーアール茶全商品紹介(価格順)ページへ

   プーアール茶の一番美味しい飲み方のページへ

   プーアール熟茶の淹れ方のページへ

   プーアール生茶の簡単な淹れ方のページへ

HOMEへ