今日はお茶つみ、と言うので 『私も連れてって!』と、後からついて行ったものの 山の斜面のお茶畑、一段一段が高くて登れない。



 こんな私の為に、なだらかなお茶畑に案内してくれた。お茶摘みは こんなふうにするのだと。

 安渓、春茶の季節、この辺りのお茶農家は忙しい。春茶造りが終わると 今度は苗作り。安渓鉄観音、5年目位の木が、一番美味しいお茶が 出来るそうで、古いお茶の木を 順番に植え替えなければならない。

 畑に茶葉を挿す作業が行われる。



秋には新芽が伸びて、



 このお茶の苗は 広西辺りへも売られ お茶農家の良い収入になる。


HOMEへ

プーアール茶全商品紹介ページ